シマの遠吠え (新生)

シマの遠吠えが新生しました。 でも内容は変わらず、素人オーディオ感、SFやアクション映画の感想を軽いフレーズで書き込みます。

ダブル効果を再び

 ダブル効果といっても、昨年の秋にやったスピーカーのダブル駆動の事ではない。アクセサリーのダブル仕様である。

 これまで、オーディオアクセサリーは気のせいレベルの物体も、ダブル仕様で効果がハッキリすることが分かってきた。ノイズハーベスター、アコリバRR-777、アモルメットコア、エコーバスター、サンシャイン超薄型制震シート、シックスエレメントなどなど・・ダブル効果が感じられなかったのは、電源フレッシャーΛ5.36ぐらいである。つまり、かなり高確率で成功する手法なのだ。

 このフリは何かというと、4ケ月前に一つ導入して好結果のあったNCFクリアラインである。あのとき、前段機器のタップからアンプ系のタップに差し替えて音質の低下があった。これは双方に挿してダブルにしてみたい。コンセントベースで壁コンが強化され、アクセサリーによる音の違いが大変分かりやすくなったので期待している。

 前段機器のタップに刺したものはそのままに、アンプ系タップにも刺して試聴。メーカーは1カ月位で本領発揮と言うが、一聴して違いは明白。低音の密度と解像度が上がり、ベースや低弦の芯があってブレない再現が素晴らしい!それどころか、全域で透明度がアップして立体的に点在する音像が大変クリアだ。これまで見えなかった音まで映像になり、実に新鮮。難物CDのイル・ディーヴォによる声楽カルテットは、カルロス・マリンが加わる盛大なサビの部分でも音が歪まない。これは感激だ!驚きの高SN比が実現している。

 ただ、不思議なこともある。逆位相成分の再現が弱くなっているのだ。具体的には、ジャッキー・エバンコ のセカンドアルバム3曲目「ジュテーム」は、右後方にノイズがハッキリ聴こえるのだが、これが聴こえなくなっている。また、プレイズ2曲目に意図的に収録されたサラウンド音があまり広がらないのだ。以前なら2チャンネルでも、頭の後ろまで音が移動して聴こえたのに。まだ差し込んだばかりであるため、今後の変化があるのかもしれない。

f:id:sima1234:20210404194441j:plain

 

コンセントWF3003W

 コンセントベースを導入したとき、PSオーディオのパワーポートは継続使用し、WN-1318はWF3003Wに替えられた。UL規格に揃えたかったためだ。

 WF3003Wはパナソニック製のいわゆる普通のコンセントである。オーディオ仕様でも病院仕様でもない。市場価格500円以下なので、とりあえず付けたものだ。しかし、この普通のコンセントが一番良いと言う人もいる。よって、一度は音質を確認してみたい。前段機器用(デジタル)とアンプ用(アナログ)共にパワーポートからWF3003Wに差し替えて試聴した。

 以外にも不満が募るほどの差は感じられない。むしろ、WN-1318より近似している。不思議なほど、音の濃さや音像のシャープさはあまり変わらないが・・午前中、花の撮影で3時間も歩き回った後なので実に眠い。それでも聴きこんでいくと、WF3003Wの方が優しく、リラックスして聴ける音だと思えてきた。これ以上は無理、体力を回復して翌日に再試聴する。

 体調を戻して聴くと分かってきた。やはり優しい音で、刺激感皆無だ。低音は量感志向でクラシックの大編成が気持ちよい。しかしコントラストが弱く、エッジを効かせた打楽器の爽快なメリハリが感じられない。まるで刃引きした日本刀のようで、力強く鋭く切れ込む快感は明らかにパワーポートが上だ。

 WF3003Wは安いが、安っぽい音がするわけではない。オーディオ的な快感を求めるか否かで評価は変わる。オイラはそこに生々しさの差が感じられるため、少し経てば元に戻したくなるだろう。

f:id:sima1234:20210411012056j:plain

 

ボルケーノ・パーク

 2019年の中国製ディザスター映画。

 火山噴火モノであるが、邦題が明らかにジュラシック・パークにあやかっているのがセコイ。監督がサイモン・ウェストなので、90分強の中に派手なアクションを詰めるだけ詰め込んでいる。活火山の噴火口見学テーマパークというムチャクチャな設定で、案の定噴火でパークの人は逃げ惑う中、主人公一同が活躍する話だ。前置きはさっさと済まして、すぐに火山が噴火し始める。後は怒涛のジェットコースタームービーで、中だれの暇もなく一気にクライマックスまで火山弾と溶岩の集中砲火だ。

 主演はワン・シュエチー、「レイン・オブ・アサシン」に出ていたらしいが覚えがない。ヒロインがハンナ・クイン・リヴァン、誰かと思ったら「スカイスクレイパー」の冷酷弩S美女のアサシンを演じた彼女だ。同一人物とは思えない。後はジェイソン・アイザックスがパークのオーナー役で登場する。

 弩派手なCGと円谷プロ並みのミニチュアも屈指した映像は、若干稚拙な部分もあったがアルバトロスが配給している作品だから許せる。昔のパニック映画をスピードアップしたような風情で、王道路線を突っ走るので結構楽しめる。ただ最後の最後がいただけない。

 クレジットと共に子画面でメイキング映像を加えたり、主題歌を歌う歌手(亭主か)のPVを挟むのは実におこがましい。超A級大作やビッグスターが出演しているなら分かるが、成り上がりの中国らしさが露呈している。サイモン・ウェストは顔を赤くしているに違いない。


www.youtube.com

f:id:sima1234:20210405153757j:plain

 

 

昔のFAL

 隣町のショップに興味深い中古品が入庫した。とても古いFALで、ユニット構成はFLAT-Aの1発にグレートハイルのツィーターを加え、2つのパッシブラジエターが付いている。おそらく、30年位前の商品かと思う。FALは時代によって様々なエンクロージャーが有り、またオーナーによるオーダーメイドも存在するので、見たこともないスピーカーが発掘されるときがあるのだ。この箱も初めて見た。

 台形のボックス上にグレートハイルが後面開放式で設置されている。往年のインフィニティIRSシリーズを思わせる造形だ。FLAT-Aはエッヂを調所電器で張り替えている。デノンのCDPとアキュのプリ、クレルの古いアンプという中古寄せ集めで鳴らされているので、素性は分からない。自宅で聴いている寺島レーベルのディスクを聴いた感じでは、小音量でもバランスが崩れず、若干古色めいた風情を感じるものだった。

 当時のカタログを見ても、ユニットは安くない。古いFALが今でも現役なのはうれしく思う。超マニア向きだ。

f:id:sima1234:20210404201832j:plain

 

久しぶりの結婚式

 結婚式に招待されたのは15年ぶり位だろうか。職場の部下が結婚するというので祝辞まで頼まれた。新型コロナのおかげで、結婚式のあり方も大きく変わったのではないか?今回は教会での挙式であったが、讃美歌は無しである。このご時世それは理解できる。唖然としたのは披露宴だ。

 オイラが知っている披露宴とは随分様変わりしたものである。これはコロナとは関係ない。まず驚いたのは、コース料理のオードブルや飲み物が置かれ、オイラは新郎新婦が入場するのを待ち、乾杯があって初めて食事を口にするものと思っていたのだが・・なんと、主役が来る前から勝手に飲食し始めたではないか。それが今の常識なのか?さらに、新郎新婦の席にはテーブルがない。まるで新婚さんいらっしゃいのベンチシートがあるだけだ。実際、最後まで主役の2人は何も口にしないのである。これはまさに見世物である。

 そして、始まる寸前に信じ難い段取りを知らされた。オイラの祝辞は、乾杯の音頭の前にやると言うのだ。つまり、新郎新婦サイドの各々から主賓の祝辞が有るわけではなく、1度だけらしい。これは話が違うぞ。オイラは新郎の付き合いはあるが、新婦の事は何も知らない。それで2人を分け隔てなく紹介して、はなむけの言葉を掛けられるはずがない。仲人ではないのだ。もうどうにもならないので、開き直って考えてきたスピーチをアドリブ交えてやり切った。すると、それが好評で事なきを得たのだから不思議だ。しかし、モーレツに嫌な汗をかいたのは間違いない。

 さらに唖然としたのは開催時間で、3時間以上も費やしている。昔は2時間が相場だったのに・・そのため、やたらと写真撮影の時間が長く、なんと会場スタッフがコックを含めて余興を始めるではないか。

 オイラは悟った。今どきの披露宴はディナーショーと同じで、来客以外は皆演者に徹しているのだろう。

新年度は新たなる未知へ

 ついに36年勤め上げた職務を降り、無職となった。

 初めのうちは身辺整理で慌ただしく日々が過ぎていくだろう。落ち着いてからどうするかだ。当初は1年位職に就かずに、今までできなかった事をしようかとも考えた。しかし、長期の旅に出るのならいいが、地元にいては周囲の目が気になる。知り合いから今何やってるんだと聞かれて、プー太郎だと答えるのは辛い。よって、パートタイムの仕事を考えている。フルタイムで仕事が困難ゆえの早期退職だから仕方ない。

 実は近々、新たなる未知の世界の面接を受けることになった。それはスマートフォンを使ったオンライン面接だという。時代は変わったのう・・

 本当は好きなことを仕事にできればと思う。若さで夢を追う人たちは、そのために時間を作り、生活のためバイトに精を出す。しかしそれは自分を別世界に置いて初めてできるチャレンジだろう。長年同じ土壌にいた流れでは無茶な我儘にしか見られない。しかし、ダラダラとその場しのぎの生活にはならないよう留意したい。