シマの遠吠え (新生)

シマの遠吠えが新生しました。 でも内容は変わらず、素人オーディオ感、SFやアクション映画の感想を軽いフレーズで書き込みます。

ルビジウムクロックCD 「ムローヴァ」編

 ルビジウムクロックを再販売のマスタリングに使う高音質CDについては、これまで3回に渡り通常盤と比較してきて、すべてダメであった。それは解像度は上がったようだが、ハイ上がりで質感が薄く音楽を楽しめないものだった。ただ、これはいずれも女性ボーカル盤であり、別のジャンルなら違う印象もあるかもしれない。そこで、今回入手したのはムローヴァアバドによるヴィバルディの「四季」である。

 本CDのオリジナルは、長年オイラの試聴用ディスクとして愛用してきた。まさに耳タコで、数えきれないほど聴いている。当時はフィリップス製であったが、今ではDECAに吸収されており、同じジャケットでもそこだけが異なっている。

 クラシックでも、ヒラリー・ハーンのヴァイオリン協奏曲はルビジウムクロックでマスタリングされてものを持っている。いつだったか、ハイ上がりで聴けたものではないと書き込んだ記憶があり、その強烈な先入観が拭えない。

 まずはオリジナルを聴く。酷使しているが、大事に扱ってきたので盤面にほとんど傷はない。試聴曲はいつも冬の1番だった。久しぶりに聴くと、当時すごい奥行感に感心したのがさほどでもない。近年のスカっと広がる音場感と異なるマッタリした空気感が広がる。ただこれは当時のフィリップス盤の特徴で、硬さの無いこの質感が当時のオイラには歓迎されたのだ。だから我が家のクラシックはフィリップス盤が多い。

 さあ、 ルビジウムクロック盤の番だ。一聴して、ゲインが同じのようでホっとした。そしてすぐに興味を引いたのは、ハイ上がりではないことだ。それどころか、逆に低重心で、素晴らしい音の分離である。マッタリした質感は薄れて鮮度が高い。一番驚いたのが、音場の形成がキチっと水平方向に奥深く見えることだ。

 比較するとオリジナルは上下感が曖昧で、フワっとした広がりなので高さがあるかのように聴こえるが、配置がバラけているとも言える。ルビジウムクロック盤の音場を例えれば、スターウォーズのオープニングテロップのように奥まで整然と並んでいると言えようか。

 考察すると、まず解像度の高さと音場の正確さは、ルビジウムクロックの恩恵であろう。鮮度感のアップは、長年使用によるCDの劣化が、マッタリ感を強調しているのかもしれない。DECA盤になっても、質感まで変わるとは思えないからだ。

 お役御免となっていた試聴盤は、見事に蘇った。

f:id:sima1234:20190821230821j:plain

 

携帯電話更新

 オイラは今でもガラを使っていた。スマホに今更乗り換えるのが体裁悪く、最初から覚える気が無いからだった。

 それが事情が変わってしまった。使っているガラ携帯が修理対象にならなくなるという。しかもⅰモードによる検索が困難になっている。迷惑メールで長年困っていたのもあって、ここはガラホとかいうやつにしてみようか・・という軽い気持ちでショップに行くと、機種変更はやはり金が掛かる。やはり別会社に乗り換えが得策だ。そこで相談すると、絶対スマホにした方が得だと言う。仕事中に胸ポケットに入れる必要があると言えば、アイフォンなら入るだろうとのこと。たしかにアンドロイドより小さい。ということで、上手く言いくるめられてスマホに乗り換えとなった。

 さあ、手続きのため、ドコモに解約と借り番号入手の電話をすると、解約させまいとグダグダ説明が始まった。これにオイラは切れた。「え~かげんにせい!何を言おうがオイラには分からんのじゃ。さっさと仮番号を教えろ!!」怒号がショップに響き渡る。オイラが一番嫌いなヤツは携帯電話やPCの説明を、カタカナ用語を屈指して早口でまくしたてて義務を果たしたと思い込む連中だ。

 なんとか番号を入手し、店で暴れられると思ったのか、その後の対応はスタップが緊張感を持ってスピーディーに進めてくれた。おかげでケースなどの必需品のセールスもカットされて、こっちから催促した次第。

 さて、案の定だがスマホは実に使いにくい。アイフォンだからなのか取説も無い。幸い、2人のムッス~もアイフォンなのでご教授いただき、最低ラインの操作は分かった。おそらく、教えてくれる人がいなければ途方に暮れたであろう。

 その操作性も大変不満がある。それについては気が向いたら書き込もう。

設備更新の時期

 すっかり秋忘れていた家電設備更新の時期が来たようだ。

 家電設備は8年も経てばくたびれてくる。10年を超えれば何時アウトになってもおかしくない。最近、ブルレイのレコーダーがクラッシュして買い替えたとき、思った。「あ~見渡せばこれより古いものばかりだ・・」

 まず、筆頭に考えなければならないのは給湯設備だ。灯油からガス湯沸かし器にして10年以上経つ。湯張り機能がバカになっているし、限界だ。

 次はエアコン、そしてTVである。共に即ダウンしても文句が言えない。ただ、TVはどれでもいいとはいかない難点がある。現在60インチのプラズマで、オーディオ機器が絶妙にセットされているため、これより大きくても小さくても困るのだ。ところが厄介なことに、60インチが市場にほとんど無いのである。(シャープくらいか・・) 洗濯機と冷蔵庫。この2つは生活必需品であり、寿命が来れば購入に悩むものでもない。

 ここに挙げたものは、すべて一度買い替えている。やはりどれも同じような時期に集中していた。今回は、家そのものもボロボロになってきたので、リフォームが必要な時期と重なった。金のかかる更新の時期到来だ。

アコリバ QR-8 その2

 アコリバのQR-8を貼って普遍性のある音になった反面、面白味が無くなってきたと感じるこの頃である。具体的にはボーカルのテンションが下がり、音がグっと前に出てこなくなったのだ。

 普通ならここで撤去するところ、オイラは残りの1つをさらに貼ってみることにした。なんで?と、思われるだろう。一つ余っていることだし、変化の方向に確信を得たいのだ。剥がすのはいつでもできる。

 思案して、アンプ系を差している電源タップの金属製プレート中央に貼ってみた。そして、確信を得た。それは不要共振を押さえたことによる先入観や、巷の情報とは異なるものだ。ボーカルのテンションはさらに静まり、前に出なくなるのは予想通り。意外なのは、音像が大きめで右寄りにシフトし、間接音が大変増えて聴こえる。そして、低重心だ。さらにQR-8を増やせばこの傾向が強くなる気がする。

 理由は分からない。響きが加算されたような印象なのだ。これは、古いナツメロで顕著に感じる。それでいて、声のニュアンスはよく分解しているし、SNが高くなっている。つまり、その響きは音の分離によって生まれたものなのだろう。

 総じて、QR-8を貼った後の方が正確な再現なんだと思う。それは好みとは別で、下世話に言えばクラシック向きになったようだ。まあそれも良し。飽きればそのとき考えればいい。

f:id:sima1234:20190811124220j:plain

 

熱中症

 35度の猛暑続きで熱中症が絶えない。一人暮らしをしているお袋が熱中症になってしまった。

 晩酌の後、いつものように眠りこけていたら電話が鳴った。母が体調が悪いと自ら電話してきたのだ。昨年度、高齢者用緊急通報システムを入れたので、24時間医療相談ができるサービスがあり、そこで救急車を呼びなさいと言われたそうだ。普段なら速攻でオイラが病院に連れて行くところ、まだ晩酌の酒が完璧に残っている。しかたがないので、救急車を呼ぶように伝え、オイラはムッス~の運転で病院へ行った。

 幸い、脳に異常はなく点滴ですっかり回復した。それにしても不思議である。お袋の家はエアコンもあるし、聞けば水分も取っていてまったく熱中症になる理由が思いつかない。

 翌日、掛かり付けの開業医にいってさらに点滴と薬を貰ったと言う。でもそれで終わらなかった。さらに翌日の夕方、仕事中のオイラにヤバイと本人から電話。アニキに連絡して掛かり付け医に連れて行かせた。その後、開業医が盆休みになり、不安が的中。

 同じ症状でフラフラだというので、行ってみるとどうも熱中症の症状ではない。体温は平熱だし、熱も無ければトイレにもよく行っているという。救急外来で血圧が高いのが原因と判明した。熱中症がきっかけではあったが、血圧がコントロールできていないため、降圧剤を定期的に飲まねば対処できそうもないらしい。

 熱中症も定型的な症状と原因だけではなく、こんな2次的弊害が複合することもあるのだ。特に年寄りは要注意である。

 

 

マスターZ

 イップ・マン(継承)で敵役として注目されたマックス・チャン。彼を主役として、イップ・マン外伝が作られた。言わばスピンオフ作品が本作だ。

 マックス・チャンはドニー・イェンと同様、遅咲きのアクション俳優だ。これをきっかけにスターになれるか勝負といったところだろう。スピンオフといいながら、その布陣が凄い。対峙する相手が、トニー・ジャー、ミッシェル・ヨー、デイヴ・バウティスタと豪華賢覧。しかも監督はユエン・ウーピンで、イップ・マンのドニーも手を貸している。こりゃ派手なA級品に仕上がっただろうと予想したが、意外とオーソドックスな印象である。たしかに各々のアクションの見せ場は凄い。素晴らしいのだが、イップ・マン(継承)ではなく、往年の香港アクションを継承しているようだ。

 派手なワイヤーアクションと、型を重視したアクロバティックな格闘、そしてあまりにもよくある香港映画ストーリー。15年前ならオイラも古色を感じなかっただろうが、イップ・マンでの実戦的なアクションが今の旬であって、それを継承したものを魅せてもらいたかった。それでも、各々の役の立ちどころが新しいので面白い脚本だ。トニー・ジャーの謎の殺し屋は続編を予感させた。

 ユエン・ウーピンが監督として古いスタイルを演出したのが失敗だと感じる。その結果、陰りのある主役の個性が発揮されていないと思う。


映画『イップ・マン外伝 マスターZ』特報

 

クイック&デッド

 1995年公開の西部劇。当時、セクシー女優として一世を風靡したシャロン・ストーンが女ガンマンとして父親の仇を撃つ復讐劇だ。地上波の深夜映画で懐かしく再見した。

 脂の乗った名優、ジーン・ハックマンが悪役で、若かりしラッセル・クロウやデカプリンがひょろっとした姿で脇を固めている。監督がサム・ライミなのでまともな西部劇ではない。だから西部劇ファンの反発が酷かったらしく、豪華な割に人気が無い。しかしオイラは結構好きである。

 まず、主演のシャロン・ストーンが実に役とマッチしてないので、大変笑える。酒場でカッコ付けた素振りなんて、かくし芸大会のアイドル歌手みたいだ。しかも、地上波だとカットが酷いので、すぐ男と寝る女になってしまった。(笑)彼女からお色気を取ったら何も残らないので仕方が無いのだ。

 早打ち大会の勝ち抜き戦に、人間模様と復讐を絡めるだけなので大変分かり易い。トッピングの少ないスパゲッティを喰う感じである。

 西部劇ファンの怒りを買いつつ、この監督の銃へのこだわりが素晴らしい。俳優よりコルトの名器を美しく魅せている。圧巻は、デカプリンの店でラッセル・クロウが銃を物色するシーン。その扱いが実にカッコイイ。ところがこれ、地上波では丸ごとカットされている。オイラはこのシーンだけを観たくて録画したのに・・ふざけるな!

 DVDだと今度は、エロ脱却を図ったシャロンの要望で、クロウとのベッドシーンをカットしている。だから彼女の形の良いオッパイが観れないハズ。ふざけるな!!

 よって、まともに観ることが適わないゆえにお気に入りなのだ。


日曜洋画劇場 / クイック&デッド