シマの遠吠え (新生)

シマの遠吠えが新生しました。 でも内容は変わらず、素人オーディオ感、SFやアクション映画の感想を軽いフレーズで書き込みます。

FALに栓をする

 懇意のショップの店員が、ちょっとC60(FAL)を聴いてみてくれと言う。耳タコのオールウェイズと五島みどりのアンコールで確認すると、若干低域の量感が大きい。しかし、今までとあまり違和感はない。店員もハテナと思ったのか、ユニットを外すと「やっぱり・・」と言う。聞けばどうやら最新ロットの低音がブカブカだったらしく、吸音材が大幅に減少していたそうだ。いわゆるメーカーの予告なき変更である。違和感を感じた店員は速攻でクレームを入れ、これはその後の入荷品らしい。今回、中を覗いてみるとしっかり吸音材が入っている。元に戻したようだ。販売店からすると、予告なき音の変化は迷惑千万であろう。

 さて、それでも若干低音に品が無い。もともとSupreme S C60の低音は量感指向で、常々イマイチと感じていた。だから店の展示品をあれこれセッティングし直していたのだが、思い切った提案をしてみた。「ダクトに詰め物をしてみたい。」

 店員も乗り気で吸音材を持ってきて詰めてみる。するとスッキリとした締りのある低音になったので、こりゃいけると踏んだ。何かもっと見栄えが良くて簡単で安価に栓ができないものか・・コルクはどうだ?うん、イケルかも!

 近くのホームセンターで丁度良いサイズのコルクを買ってくる。Supreme S C60のバスレフダクトは6つの丸穴なので調整し易い。半分の穴に栓をして試聴。

 こりゃいいぞ。すばらしく良いバランスになった。適度な締りと柔らかさがあって、詰まる感じはなく量感が抑えられている。見た目もコルクを塗装すれば問題ない。というか、このままでも何かカワイイぞ。

 300円位の対策だが、これは購入者にオマケで付けてもいいくらいだ。

f:id:sima1234:20190519153107j:plain

しかし、オイラも自腹でコルクを買ってきて店の展示品に嵌め込んだりして・・

何の得にもならんわい。

バラ園

 久しぶりに2人のムッス~の卒業した農業高校にあるバラ園に行ってみた。

 ここは入園料不要だが、学校なので休日は観れないのが難点。先週の日曜日に仕事をしたので、平日に休みを振り替えて朝一番で行くと、凄い行列である。オバサン連中が朝から並んでいるのは変だ。どうやら、花の苗を安く売る日だったらしい。

 バラ園につくと、やはり先日の大雨で多くの花が散ってしまっている。残ったバラも傷だらけのものがほとんどだった。

f:id:sima1234:20190522215548j:plain

f:id:sima1234:20190522215612j:plain

f:id:sima1234:20190522215827j:plain



 

月刊誌 Stereo 6月号

 4月号を買ってはみた(2019-03-24 月刊誌Stereo4月号)が、翌月は興味無し。で、店頭に6月号が置かれてパラパラめくると、何か面白そうである。最近では、立ち読みする体力も無くなったので買ってくることに。

 MAYAが新境地のアルバムを出すインタビューも興味深いが、「オーディオ100のギモン」というテーマが面白い。色々なオーディオ執筆者が、ありがちな質問に回答をする100個のQ&Aである。何が面白いかって、著名な評論家ほどつまらん回答で屁の役にも立たないことだ。そんな中で、あの寺島靖国氏が回答者になっているのに驚いた。そして、その回答内容が実に爆笑モノで傑作である!最近文筆に覇気が無いなあと思っていたが、御大でなければ言えないその物言いに拍手を送りたい。ただ、初心者には目の毒だ。

 ギモンの後半に鈴木裕氏が実地検証する記事も興味深い。ただ、その中でシールドの重要性を説いているのは一つの方向性と考えたい。愛用の日本オーディオ製ケーブルは、すべてノンシールドで結果を出しているからだ。

f:id:sima1234:20190519171157j:plain

 

葛城 北の丸

 遠州の森町に、葛城「北の丸」という格調高い宿泊施設がある。

 ここはYAMAHAが29年前にバブル景気で作り上げた静寂と癒しの極み。広大な敷地に、選りすぐった古民家の構造材で築かれた全容は、まるで代官屋敷のようだ。

 ここで、母親との食事会をすることになった。著名人の接待に使われる施設であって、もはや冥途の土産と言って差し支えない。

 和洋織り交ぜたコース料理は、吉野家の牛丼に慣らされたオイラには味が複雑すぎる。広い日本庭園には、芝刈りルンバのようなロボットが数台走り回っている。外に出ると、敷地内に吊り橋があり、下を覗くと目もくらむ渓谷だ。

 隣町にこんな施設があったなんて、世間知らずの平民には思いもよらない事であった。

f:id:sima1234:20190509214034j:plain

f:id:sima1234:20190509214059j:plain

f:id:sima1234:20190509214122j:plain



 

ザ・リディーマー

 2014年作、チリで作られたアクション映画。

 チリの映画は初めて観た。主演はマルコ・サロールというアクション俳優らしい。「マチューテ・キルズ」に出ていたらしいが、まったく記憶にない。アクション映画のレビューをする身なれど、辺境の俳優に興味を持つほど時間が無いのだ。

 観るとその体術は素晴らしい。あの体格で中国のスタントマン張りの空中殺法は驚いた。実は観終わるまでこの主役は 、スコット・アドキンスと勘違いしていた。実に似ている。ググると、この両者が共演する映画があるそうで、並べれば違いが分かるかもしれん。

 さて、本作は辛酸な過去を背負った殺し屋が、世直しに彷徨う中で宿敵と出会って憂さを晴らすまでを描いたもの。ユニークなのは、神に身を寄せるしか生きる糧が無い主人公は、ラストに思いもよらぬ「許し」で締める展開だ。復讐に燃える男が最後に改心する話はよくある。しかし、勝利を確信した後の土下座と許しの流れは実に意外。

 主役以外にも、プロと思える格闘家との闘いが目を引く。ところがこのアクションは違和感が大きい。玄人好みの技が効果を発揮したシーンがあったと思えば、非現実的なアクロバット殺法が横行する。実に中途半端だ。映画のワンシーンというより、派手に演出された総合格闘技を披露している印象が強い。

 いつも言っていることだが、どっちに振るかハッキリしてほしいものだ。


10/10(土)公開『ザ・リディーマー』

風車公園

 隣町の海岸近くに、海浜公園というファミリーピクニックに最適な公園がある。昔よくムッス~を連れて行ったものだが、その南側に風車公園というところがあるのを知らなかった。

 ここはいわゆる中田島砂丘の入口で、駐車場を兼ねている。有名な凧あげ祭りの会場が隣でもあって、まつり会館がある。昔からあったのだろうが気にもしていなかった。かなり広くて、自然な雰囲気がいい。小高く盛られた人工丘が、白詰草で覆われて実に壮大だ。今が一番の季節だろう。

f:id:sima1234:20190514225709j:plain

風車の上に点在するのは凧で、実はとても大きい。

f:id:sima1234:20190514225725j:plain

f:id:sima1234:20190514225807j:plain

 

アナイアレイション -全滅領域-

エクスマキナ」のアレックス・ガーランド監督が第2弾で昨年披露したB級SF作品。

 エクスマキナについては、SWを差し置いてアカデミー視覚効果賞を捕ったことで、いち早く拝見し、ここでも高評価した。あの監督なら期待できる・・そして、やはり裏切られることはなかった。

 主演はナタリー・ポートマン、脇でまたもやオスカー・アイザックが登場。SWの影を一切感じない2人はなかなかの役者だ。ナタリーはいいオバサンになったなあ。

 さて、謎の隕石?からエイリアンによるDNA改築が広がり、女性だけの調査隊がその謎を追うスリラーの本作、発想そのものは特に斬新なものではない。際立つのは美的ビジュアルと畳み掛ける不気味な異形の世界観で、まったく目を離せなくなる。これはまさに諸星大二郎の初期SF作品を思わせるもので、エクスマキナのときも書き込んだが、この監督は日本のSF作品を知っているとしか思えない。

 であるなら、今を説明するありきたりな尋問のシーンは不要で、ラストの抱擁する2人の眼が光る演出も不要である。最後の行末はすでに展開で語られているので、ここは最後まで諸星大二郎の世界を美しく魅せて曳いていけばいい。まあ、現状でも配給元が一般受けしないと疑義にしたくらいだから無理だろうが、その方が格段に深い余韻が残るだろうと思う。


アナイアレイション -全滅領域-